美容にいい食事の考え方3つのポイント

美容にいい食事の考え方3つのポイント

朝食に酵素を摂る

 

インナービューテイを磨くコツは、ボディの中から綺麗になるハーブ、
心と身体をトータルでケアするアロマ、身体を温めてくつろぎをもたらすバスタイムなど、様々なアプローチがあります。

 

ですが、それ自体だけでは、インナービューティを手に入れることはできません。
食生活を見直すことが、女性ホルモンのバランスを整える第一歩です。

 

当然の事ですが、血液を作るのも食べ物。私たちの身体は、食糧によって作られているからです。

 

キレイな肌やナイスバデイになるため、何よりも健康維持のためには、
食事に気を遣う事がポイントという事はわかっているけれどつい好きなものばかり食べてしまう。

 

あるいは、忙しくて食べる時間が不規則、ストレスでドカ食いに走ってしまうといった女性も多いのでは?

 

食生活を見直すと聞くと、第一にカロリーコントロールを思い浮かべる人いるかもしれませんが、
肝心なのは、カロリーよりも、どんなものを食べたら美しく健康になれるか。

 

あなたは、いつもどのような食事をしていますか?

 

私は「リビングフード」を取り入れた食事をしています。

 

リビングフードとは!?生きている食べ物には、生きた酵素が含まれています。

 

酵素とは食べたものを消化する際に必要なエネルギー源で
、基礎代謝や免疫力を高めたり、ホルモンバランスを調整したりする作用があります。

 

私たちの身体には、もともと酵素がありますが、歳を重ねていくにつれて減少するもの。
すると、基礎代謝が悪くなって太りやすくなり、肌や筋肉が衰え、病気にもかかりやすくなります。

 

ですが、酵素を積極的に摂れば、ハリのある肌や筋肉がよみがえり、
アンチェイジング効果も期待できます。身体を温める効果があるので、女性ホルモンバランスも整うでしょう。

 

ゆえに生きている食べ物から、生きている酵素を摂ることが肝心です。

 

簡単に酵素を摂る事ができる材料といえば、生野菜や果物。

 

そのほか、アンズやイチジク、プルーンなどのドライフルーツや、
カボチャの種、味噌や醤油など発酵食品にも、生きた酵素がたっぷりです。

 

とは言っても、酵素は熱に弱く、46〜48度超に加熱すると、破壊れてしまいます。

 

ですから、酵素を摂るのであれば、野菜やくだもの、発酵食品はあまり熱を加えない、
ドライフルーツは48度以下で天日干したもの、ピーナツ類もローストしていないものを選ぶ事が確実ですよ。

 

毎朝、絶対にリビングフードを食べます。

 

消化と基礎代謝を高める酵素のカで、体の中に残っていた老廃物をデトックス。

 

新陳代謝がUPするので、全身の血の巡りが良くなります。朝、酵素を摂ると気持ち良く1日をスタートできますよ。

 

実際に食べているリビングフード・メニューをいくつか紹介します。参照してくださいね。

 

どれも、素材は酵素を含む野菜や果物が主体。
酵素を蓄えれば蓄えるほど、身体も肌も調子が良くなってきて、リビングフード実感できるはずです。

 

リビングフード

大根と苺のジュース

 

イチゴと、大根多少をジューサーにかけます。

 

ワンポイント1意外な組み合わせかもしれませんが、

 

苺の酸味と甘さが大根の味を消してくれて、味は、ほとんど苺ジュース。

 

イチゴに含まれているスルフォラファン

 

という酵素が一緒になると免疫力を高め、皮膚の再生や基礎代謝機能アップを促します。

 

んごとキャベツのジュース

 

りんごはジューサーに入る大きさに切り、キャべツ数枚と一緒にジューサーにかけます。お好みではちみつを加えて飲んでもOK。

 

ワンポイント!

 

キャベツには、キャベジンと呼ばれている後片付けを促すビタミンUや炭水化物を分解するアミラーゼなどが含まれています。

 

きゅうりのジュース

 

きゅうりをジューサーにかけます。

 

ワンポイント!

 

きゅうりには、ビタミンCを破壊する成分があるので、ほかの青果などは加えずにつくりましょう。

 

水とカリウムを多く含んでいるので、利尿作用があり、むくみの解消効果が期待できます。

 

アボカードとりんごと黄色いピーマンとにんじんのジュース

 

アボカドは、半分に切って種を取り、スプーンで果肉を取り出します。
りんごを多少多めに用意して、すべての素材を一緒ににジューサーに入る大きさに切ります。

 

りんご、黄色いピーマン、にんじんもジューサーにかけます。

 

ワンポイント!

 

飲みにくい場合には、豆乳ミルクを入れるのがお勧め。
プレーンヨーグルトに混ぜたり、それ自体をパンに乗せて食べたりするのも効果的。

 

アボカドは老化を防ぐ酵素やシミや汚れを予防するビタミンAやカロテンが豊富。美肌効果沢山の飲み物です。

 

アボカドとピーナッツのディップ&人蔘スティック

 

アボカドは、半分に切って種を取り、スプーンで果肉を取り出します。

 

ここに、ローストしていないカシューナッツ、ホイップクリーム(ホイップせず、ミルクの状態)、
サワークリームを加え、ジューサーにかければ、

 

ディップの出来上がり。人蔘ステイックにつけて食べます。

 

ワンポイント!

 

アボカドとナッツの入った酵素たっぷりのディップは、トローンとした感じでなめらか。にんじんスティックとの相性も一番。

 

この方法で、朝、ニンジンスティックを数本食べておけば、お昼まで何も食べなくても女性ホルモン分泌は文句なしです。

 

すべて原料の分量などはお好みで調整お願いいたします。